ヘッダーボトムライン

HOME > 営業案内 > 鉛フリーカニゼンめっき(無電解ニッケルめっき) > カニボロン

カニボロン

アルミニウム素材との相性がよく、摺動性に優れています。
 カニボロンは低リン・低ボロンの高性能めっきで、無電解Ni-Pと無電解Ni-Bの両特性を有し、従来以上の多機能性を持っています。特に、過酷な条件下での耐摩耗性に優れており、精密部品・自動車部品には最適です。
 
汎用ピストン

皮膜組成と特性

1.耐蝕性 ニッケル97wt%以上、リン1〜2wt%、ホウ素1wt%以下
2.耐摩耗性 無電解Ni-Pの3倍以上
3.高硬度 めっきしたままでもHV700、
熱処理によりHV1000前後になります。
4.耐熱性 無電解Ni-Pよりも耐熱性に優れており、高温における使用にも充分適応できます。
5.耐衝撃性 皮膜は強い靭性を持っており、硬度が高くても割れや脆さがでません。
6.潤滑性 摩擦係数は、無電解Ni-Pの2/3と優れており、摺動部や回転部の焼付き防止に効果があります。
7.高精度 無電解めっきですので、指定膜厚に対して、±10%の精度です。
膜厚の均一性を保つことができます。
8.光沢性 無電解Ni-Pとは異なり、明るい光沢があります。
9.半田付け 耐熱性に優れ、強固な酸化膜を形成しない為、半田の濡れ性に優れています。
■耐摩耗性
皮膜の硬さ
  皮膜の硬さ
耐摩耗性

加工例

・変則クラッチ
・オートマチック変速装置
・カムシャフト
・バルブ
・フランジ
・球面ベアリング
・歯車
・スライド
・排気筒
・ピストンリング
・ピストンロッド
・エンジン部品
・フラップ
・プリント基板
・セラミック基盤
・ICヘッダー
・ガラス金型
・レンズ金型
・コンプレッサー部品
・工具類
破線
ページトップへ↑