ヘッダーボトムライン

HOME > 営業案内 > アルマイト加工

アルマイト加工

アルマイト加工とは、アルミニウム陽極酸化処理とも呼ばれ、製品を陽極とし、電解液中で電解することで表面に酸化皮膜を生成します。
耐食性や耐磨耗性、熱・電気の絶縁性に優れており、硬質化や着色も可能です。
アルマイト皮膜は原則、膜厚の約50%は外部へ生成します。そのため寸法変化が起こることに注意が必要です。

白アルマイト

白アルマイトは、膜厚5〜25μm、硬さHv300程度の透明な皮膜です。耐食性に優れています。

着色(カラー)アルマイト

表面の細孔に有機無機染料を吸着させることで染色も可能です。性質は白アルマイトに準じます。

硬質アルマイト

硬質アルマイトは膜厚最大100μm、硬さHv400以上の高硬度で耐摩耗性にも優れています。ピストン、シャフト、ギヤー等に使用されます。
ページトップへ↑
お問い合わせ下さい!